これ見たい・読みたい・使いたい

映画や小説・使っていい物を勝手に紹介します。

スポンサーサイト

2006.06.18 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

今更ながら『容疑者 室井慎次』

2006.04.22 Saturday 18:01
じっくり見せる映画って感じですかね。
先日、関東方面からの出張から帰り、夜中の24時から鑑賞開始。
踊るシリーズは、ライフワーク的に全て見てます。(^_^)v

容疑者 室井慎次
容疑者 室井慎次

今回も癖のある俳優さんをそろえたモノで・・・
前作の『交渉人 真下正義』と違いジェットコースター的な演出は無かったけれど人と人の機微に訴える演出は、私の好きな範囲でした。
室井という人格を全面に打ち出した作品ですね。

しかし、踊るのスピンアウトのくせに青島君が一切フレームに現れないとは
笑っちゃいますね。名前だけの演出って、どうよ?
この思い切りは、すがすがしささえ感じられました。

作品自体は、面白かったですよ。
フ○テレビ制作の悪い癖(エンディングがおちゃらけになる)のさえ無ければね!

<CAST>
柳葉敏郎/田中麗奈/哀川翔/八嶋智人/吹越満/柄本明/佐野史郎/北村総一朗/小野武彦/斉藤暁/真矢みき/筧利夫

オススメ度:★★★★

田中麗奈ちゃんは、良い味出しますね〜。
邦 画 | comments(1) | trackbacks(0)

『釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪』

2006.01.31 Tuesday 22:39
今や日本娯楽映画のロングセラーとなった「釣りバカ日誌」。
釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった
釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった

今回も浜ちゃんが豪快にすっとぼけてます。私は、みち子さんが石田えり
の頃からの大ファンです。

浜ちゃんの生き方って男が憧れる一つの生き方ですね。
バリバリ頑張って上を目指す人生と、「やるときゃやるさ」のマイペース
タイプどちらを選ぶと良いのでしょうか?人それぞれですよね。
(私は、バリバリからやるときゃに移り変わろうともがいてる最中です。)

バリバリ・やるときゃのどちらにしても人と人との付き合いが無ければ
先に進まないのは同じだし、浜ちゃんの釣りと言う特殊技能によって
集まるブレーンはうらやましい限りです。
・・・飲み友達は多いけど、趣味友達がいない。何か趣味を持たなくては。

<大雑把なストーリー>
今回も釣り仲間の縁で大型橋梁工事をGETした浜ちゃん。橋の連結式に
出席のため佐世保にスーさんと出張へ。飲み屋で意気投合したのがアメリカ
海軍の兵士達・・・。酔っぱらった挙げ句に浜ちゃんガキが付いた
場所は。。。

<CAST>
西田敏行/三國連太郎/浅田美代子/伊東美咲/金子昇/ボビー・オロゴン


始まったら直ぐに恒例の『合体』は画面に踊るし、伊東美咲・金子昇の
恋愛ストーリーも爽やかでグッドです。

釣りバカシリーズは、芸達者の西田さんや三國連太郎さん含めいつ見ても
楽しい作品に仕上がってます。

オススメ度:★★★★★(邦画すきだから !(^^)!  )
邦 画 | comments(2) | trackbacks(0)

これは見ないと!!『逆境ナイン』

2006.01.29 Sunday 13:32
ナイスです。最近見たナンセンス・コメディーの中では最高でした。
逆境ナイン 全力版
逆境ナイン 全力版

CMを見てこいつは見ておかないと・・・と心に決めていたのでワクワク
しながら鑑賞スタート。
オープニングの藤岡弘演ずる校長の気当たりでキャプテンが数メートル
吹き飛ばされるシーンを見たとき「少○サッカー」の悪夢が一瞬蘇る。
まずい、あの手のドタバタか?

違いました。(ホッ!)類似品では有りますが、日本人(関西人?)が
好きな系統です。また、劇中に出てくることわざ(比喩?)のセンスがバツグンです。また、その出てくることわざがずっと画面に残すセンスも大好きです。(使い回しているからなのね)

自業自得・・・うーん素晴らしい使い回しです。

映画館で見るのは勿体なくても、自宅で家族と見るには最高の映画ですよ。

大雑把なストーリー
試合に勝てない弱小野球部に廃部の危機が・・・キャプテンは甲子園出場を
校長に申し出とりあえず廃部の危機は免れる。その日から甲子園出場をかけ
ナインとマネージャーはとにかくガンバルが・・・
(真面目に練習せえや・・・的な〜)

CAST
玉山鉄二/堀北真希/田中直樹/藤岡弘/青木崇高/堺沢隆史/坂本真/柴田将士/寺内優作/出口哲也/土倉有貴/栩原楽人/松本実/松崎祐/金児憲史/平山祐介/
小倉久寛/金田明夫/炎尾燃/内海桂子

日本でもこんなナンセンス・コメディーを作れるんだと感心する作品です。
校長は、藤岡弘でないとダメだと思わせるぐらいハマリ役です。

オススメ度:★★★★★(お笑い好きの人には・・・OK)
邦 画 | comments(0) | trackbacks(0)

『仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼』

2006.01.24 Tuesday 22:33
最近の仮面ライダーは面白いね。子供と一緒に観だしたのが「クウガ」
そうオダギリジョーが主演のやつです。はまりましたね。
ライダーのイメージは藤岡弘ですよね。
トッポイ雰囲気の主役なんて初めて見ましたよ。

クウガ以降で私が好きなシリーズは「アギト」です。
賀集利樹くんが主演のやつですね。このシリーズはライダー達がカッコ
良かったですよ。アギトよりギルスの方が好きでした。

劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼
劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼

さて、響鬼ですが、世のママさんからオッサンライダーと呼ばれている
番組だそうです。確かに若いイケメンじゃなくて主演が細川茂樹ですからね。TVドラマは、毎回見ている訳じゃないので内容が解りづらかったが
劇場版映画を見たときにふと思ったことが・・・。

「なんや、時代劇風映画を作りたかったから、このストーリー展開や配役
だったんだ。」何となく黒沢映画的なストーリーながらも面白かった
ですよ。テレビも時代劇ですれば良かったのに。
勧善懲悪モノですから大人でも十分に楽しめましたよ。(~o~)
映画版は、イケメンの若い子も出てました。(笑)

オススメ度:★★★(マニアなら星4つですね。)
邦 画 | comments(0) | trackbacks(0)

『海猿』3回目の鑑賞

2006.01.09 Monday 16:31
心に響く映画は無いかとDVDラックをまたゴソゴソ。
年末年始に大概見尽くしてしまった、このラックに残っていたのが「海猿」。
海猿 スタンダード・エディション
海猿 スタンダード・エディション
CAST>伊藤英明/加藤あい/海東健/香里奈/伊藤淳史/杏子/
國村隼/藤竜也

う〜ん、もう3回目だけど感動できるか?との不安を抱きつつ鑑賞開始。隣には、長女が鎮座しているので何処まで邪魔されずに見れるか。

結果的には、長女も泣き所が同じらしく邪魔されたのは1カ所だけでした。
(カンナちゃんとラブホに入ったシーンです。分かってんのかぁ?)

海上保安庁を材題にした映画を見たのは初めてですが、いかに日々訓練をして国民を守っているのか分かりました。海での保安行為というのは、足場が安定していないので2次災害につながりやすく危険な職場ですよね。

今回の作品は、海上保安庁の保安官が潜水士になる迄の訓練過程を映画化したモノでしたが、次回作「LIMIT OF LOVE 海猿」(出演:伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、大塚寧々、時任三郎他)が今年の5月に封切りされるらしいです。ドラマも面白かったので非常に楽しみにしています。

オススメ度:★★★★★(泣き所、笑い所も多く家族でどうぞ)
邦 画 | comments(0) | trackbacks(0)

新年最初は『クレヨンしんちゃん』(笑い)

2006.01.02 Monday 11:07
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
年末年始、パソコンの前に座るのが恐ろしかったですが、みんながDVDを見ている間にちょっと更新。
最近、お正月と言っても通常番組の延長線上のテレビがが多く、ちょっと食傷気味ですね。

今日は朝から『クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃』を子ども達と見ました。
映画クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃
映画クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃
クレヨンしんちゃんと言えば、親が見せたくないアニメの上位にいるそうですが、(確かに、ゾウさんとオシリプリプリを外でやられたひにゃあ、たまったもんじゃない・・・)親子や友情もきっちり描いているので私的には大好きです。「ブリブリ3分ポッキリ」もおバカなシーンと涙を誘うシーンがありました。メリハリがあって面白いですよね。
今日は、1月2日。初夢の日です。3分ポッキリ変身する夢でも見れると幸せですね。

オススメ度:★★★★(大人も楽しめます。)

♪一富士・二鷹・三茄子♪ 良い夢見ましょう!
邦 画 | comments(0) | trackbacks(0)

忘れてました『妖怪大戦争』

2005.12.28 Wednesday 21:30
遅まきながら、荒俣宏原作の『妖怪大戦争』を読み終えました。
映画は、原作を超えていましたね。
妖怪大戦争 DTSスペシャル・エディション (初回限定生産)
妖怪大戦争 DTSスペシャル・エディション (初回限定生産)

監督・俳優陣の遊び心満点の映画と言ったところでしょうか。
私的には、100点を上げても良いくらいでした。
よくも、文太さんをぼけ老人扱いし、有名俳優も特殊メイクで誰が誰だか分からない。どの妖怪が誰か当てるだけでも楽しかったのに、各種に散りばめられたパロディーもマ○リックス・エイ○アン等想像できました。
川姫様の太ももにウットリですよ。

DVDが発売されたら買いですね。

しかし、原作は如何せん「帝都物語」から随分経ったせいか加藤保徳の怨霊パワーがダウンしていたような気がします。全巻制覇した私としてはムムムですね。

加藤保徳=嶋田久作でしたが、豊川悦司もGoodですね。

オススメ度:★★★★(バカ笑いできましたよ(~o~)  )

CASTは、知らずに見た方が楽しいですよ。
邦 画 | comments(1) | trackbacks(0)

『戦国自衛隊1549』を見てしまった・・

2005.12.26 Monday 13:39
若い頃見た『戦国自衛隊』(千葉眞一もの)が結構良かった思い出があったので今回作も非常に期待をしていました。

戦国自衛隊1549
戦国自衛隊1549

しかし、私的には残念!!の結果に終わってしまった。

先に、『亡国のイージス』を見たのが悪かったのか?

うーん、盛り上がりがない。期待をしすぎていたのだろう。。。
制作会社独特の雰囲気が古くさく思えてしまった一作です。

これ以上感想を書くと悪口ばかりになりそうなので、『男たちの大和』に期待を残しつつ、・・・・。

オススメ度:★・・・・・
邦 画 | comments(0) | trackbacks(0)

『亡国のイージス』を見た

2005.12.24 Saturday 16:50
待ちに待った『亡国のイージス』をやっと見ました。

文句なし!。

亡国のイージス
亡国のイージス

ストーリーも短い時間なりに簡潔にまとめ上げられ、原作を逸脱することがあまり無く非常に面白く見られた。
原作の三部作を読んでいる私としては、細部の団体名や名称や過去経過がすぐに思い出せたので場面場面で1作目・2作目の光景が思い浮かべられ1度で3部作を見た気がしました。

大画面の迫力を堪能できなかったのは残念でしたが、細部のセルフや映像を確認できるDVDは必須ですね。

また、俳優陣の素晴らしかったこと!私的に中井貴一・佐藤浩市・真田広之の作品は、文句なくいつも見ています。

CAST>真田広之/寺尾聰/佐藤浩市/中井貴一/勝地涼/吉田栄作/谷原章介/豊原功補/安藤政信/チェ・ミンソ/岸部一徳/原田美枝子/原田芳雄

自衛隊の全面バックアップのもと作成された映画ですからマニアの方もそうでない方も映像・ストーリー共に感動できますよ。
できることなら福井 晴敏氏の原作三部作『川の深さは』『Twelve Y.O.』『亡国のイージス』を読破してからの鑑賞をオススメします。

オススメ度:★★★★★(「みんな死ぬな」というセリフに感動してください)


邦 画 | comments(0) | trackbacks(0)

これは見てるよね『ブラック・レイン』

2005.12.19 Monday 22:14
永遠の我らがヒーロー松田優作さんの遺作、『ブラック・レイン』。
映画ブログを彷徨っている皆様は、すでに見ているでしょうね。(^_^)v

ブラック・レイン
ブラック・レイン

今から16年前に作成された映画ですが、何度見ても映像から伝わる無国籍感は全く違和感を感じません。(まあ愛着のある大阪でのロケのせいかもしれませんが)当時は、松田優作が出演していれば何でも見る!と言う感覚でしたが、この映画は優作さんだけでなく全てが見所と感じられたものです。

みんなが知っている「探偵物語」「蘇る金狼」etc・・ではなく、徹底した利己主義の悪のヒーロー。
日本のやくざ世界からはみ出し、アメリカナイズ(利己主義)された佐藤を演じる松田優作は世界(ハリウッドスター)の俳優として見えました。
主役は、マイケルダグラスと高倉健さんですが私が追うのは優作さんでした。(>_<)

題名のブラック・レインですが、1回見ただけでは分かりませんでしたが、
2回目でラスト近くに若山富三郎演じる大阪のやくざスガイが発する言葉がこの映画の全てを語ってることに気が付きました。
大きな戦争を経て日本が進んだ世界「個人主義(利己主義)」への警鐘だろうなと思っています。

その他沢山の有名俳優や吉本芸人が出演しているのも見所ですよ。

大雑把なストーリー
日本に護送されてきた殺人犯人が空港で逃亡。犯人は自ら刺客となり、日本に護送してきた米国人刑事の前へ執拗に姿を現す。犯人佐藤が逃亡できるににもかかわらず執拗に日本にとどまる訳は・・・

CAST>マイケル・ダグラス/高倉健/松田優作/アンディ・ガルシア

オススメ度:★★★★★(多少日本を勘違いしているところはご愛敬)
邦 画 | comments(0) | trackbacks(0)