これ見たい・読みたい・使いたい

映画や小説・使っていい物を勝手に紹介します。

スポンサーサイト

2006.06.18 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

ドラキュラ (BRAM STOKER'S DRACULA)

2006.05.04 Thursday 09:24
久々の純粋な吸血鬼モノを見ました。

限りなクラシック吸血鬼映画に近く、現在の思想を取り込んだ吸血鬼もの
化と感じました。

ドラキュラ
ドラキュラ

クラシック版と違い神の裏切りを感じたことでバンパイアになった過程等
丁寧に描かれていました。特撮もふんだんに盛り込まれ見応えも十分ですが
その分多少優雅さが消えグロテクスさを感じたのは私だけでしょうか?

CAST>: ゲイリー・オールドマン/ウィノナ・ライダー/アンソニー・ホプキンス/キアヌ・リーヴス/サディ・フロスト

宗教観の違いでしょうね。最後はやはり神のご加護の元に・・・

オススメ度:★★★(好き嫌いはつきものです)

あのキアヌリーブスがちょい役でした。

洋 画 | comments(1) | trackbacks(0)

子供の教育に『チヤーリーとチョコレート工場』

2006.03.21 Tuesday 13:49
随分ご無沙汰の更新でまた少し古い目の映画をひとつ。

DVDを鑑賞したのは、2月のバレンタイン時期だったので記憶がとぼけてますが、
ジョニー・デップが「自分の子供に見せたい映画にしか出演しない」と言っていたのに強く頷ける一品です。

チャーリーとチョコレート工場
チャーリーとチョコレート工場


私的には、見たくも何ともない作品でしたし、大人が見て不快感が感じられる子供の描写がたくさんありましたが」、我が家の子ども達にはすごく人生勉強になった様子。

年上を敬い・真面目に・我欲を張らない・・・子供が「どうして?」と聞く度に今の世の中に欠けている摂理というものを説いていた映画鑑賞でした。
子ども達的にも感ずる所が多かったようで2日間ぐらいは、勤勉でしたよ。(長くは持たないもんですね〜。(*_*) )

CAST
ジョニー・デップ/フレディ・ハイモア/ジュリア・ウィンター/ジョーダン・フライ/アナソフィア・ロブ/フィリップ・ウィーグラッツ/ディープ・ロイ/デヴィッド・ケリー/ノア・テイラー/ヘレナ・ボナム・カーター/クリストファー・リー

オススメ度:★★★★(お子様とご一緒に)
洋 画 | comments(3) | trackbacks(0)

『ハムナプトラ 2 黄金のピラミッド』

2006.01.26 Thursday 18:25
『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』の続編です。私的には1作目よりも
「黄金のピラミッド」の方が好きです。
ハムナプトラ2 黄金のピラミッド 
ハムナプトラ2 黄金のピラミッド 

スピード感や映像+喜劇性がよりスケールアップされた作品です。

1作目と同様にドタバタあり、アクションありで最初から終わりまで
飽きさせることがありません。また、1作目の主人公とヒロインが結婚し
子供と一緒に相変わらずの遺跡発掘をする冒険家族になっていました。

復活したイムホテップが、なぜヒロインのリック(ブレンダン・フレイザー)とイヴリン(レイチェル・ワイズ)とここまで係わってくるのかも
前世映像として紹介されているので違和感なく楽しめました。

必見は、メジャイの騎士団が戦っているシーンですかね。
ミイラ戦士もバージョンアップでゴウジャスにロンドン市内を暴れ回って
ました。(^^)/~~~

オススメ度★★★★(お笑い好きならば星5かな)
洋 画 | comments(0) | trackbacks(0)

『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』

2006.01.21 Saturday 22:22
怠けに怠けたこの数週間、映画レビュー復帰一作目がこの作品。

ハムナプトラ 失われた砂漠の都
ハムナプトラ 失われた砂漠の都
すでに2作目と番外編が作成されている傑作です。冒険活劇として
インディージョーンズと比較して見がちですが、この映画はどちらかと
いうと明るい作品に仕上がっていますかね。

<大雑把なストーリー>
宝探しの最中に、邪悪な古代の高僧イムホテップを蘇らせてしまった
ことから始まるエジプトに伝わる恐怖の伝説“10の災い”を再度封印する
ために戦いを始める。

cast
ブレンダン・フレイザー/レイチェル・ワイズ/ジョン・ハナ/
ケヴィン・J.オコナー/アーノルド・ボスルー

悪の総元締め「イムホテップ」をはじめ殺人昆虫・ミイラ等見ていて
怖いはずのキャラクターがなぜかコミカルなため思わずニタリと笑って
しまう映画です。
ストーリーも私の好きなジェット・コースター的な展開のため、気づくと
映画もクライマックスへ。
お笑い、シリアス、恋愛、活劇ありの冒険スペクタル映画です。砂漠での
イムホテップの魔術等見所満載です。
おどろおどろしい所が少ないので、家族で見ても大丈夫です。
(人や魔物が死ぬシーンも直に見せることがない演出はGoodです)。

オススメ度:★★★★(ご家族でどうぞ(^_^)v  )

洋 画 | comments(0) | trackbacks(0)

ほんわかMOVIE『奥様は魔女』

2006.01.07 Saturday 09:26
新年早々いろいろ有りましたので、なごみ系の映画が観たくなり「奥様は魔女」をチョイス。
奥さまは魔女
奥さまは魔女

「奥様は魔女」と言えば、大昔(少なくとも30年前)に見た外国のホームドラマ。サマンサやダーリン、タバサちゃんを思い出しながら見てみました。

前半30分程は、お尻のあたりがムズ痒くなる演技が続きますがコメディー映画だから仕方がない。前作のリメイクというわけでなく劇中映画手法を取っているので、ストーリーは何でも有りでも無理なく楽しめます。
もう少し欲張るなら、魔法によるドタバタをストーリーの中に組み込んで欲しかったですね。

往年のハリウッド映画的手法で思わず「プリティーウーマン」を彷彿しました。

お正月の忙しかった頭をリフレッシュするには最適の映画だと思いますよ。

主演:ニコール・キッドマン

オススメ度:★★★★(お子さんと一緒にどうぞ)
洋 画 | comments(1) | trackbacks(0)

モンスターもの『リーグ・オブ・レジェンド』

2005.12.23 Friday 23:47
年末も迫り、オカルトモノとしては最後になりそうな
リーグ・オブ・レジェンド 時空を超えた闘い
リーグ・オブ・レジェンド 時空を超えた闘い

私が好きな俳優であるショーン・コネリーが主役です。ショーン・コネリーて名優だと思うけど結構ん?って感じのオカルトモノなんかによく出てるよね。ハイランダーなんか典型的です。

この『リーグ・オブ・レジェンド』オカルトものとしては、モンスターが総出演するヒットパレードみたいな映画です。

<出演するモンスターの皆様>
トム・ソーヤー/透明人間ロドニー・スキナー/ジキル&ハイド/ネモ船長/不死身の男ドリアン・グレイ/ヴァンパイアのミナ・ハーカー


<大雑把な内容>
世界征服を企む鉄仮面のリーダー“ファントム”率いる謎の軍団にクォーター(ショーン・コネリー)をメインに7人の超人同盟“ザ・リーグ”が対抗し世界を守る。というものです。

内容は、はっきり言って何もないです。唯々オカルト好きな人が喜ぶという映画を作った感じです。(見事に私は、引っかかりました。)
しかし、モンスターを扱う映画は映像が綺麗ですからその辺を堪能してください。

オススメ度:★★★(オカルト同盟の皆様は。★4つはありますよ)

今年は、亡国のイージスと戦国自衛隊を残すのみとなりましたね。(^-^)


洋 画 | comments(0) | trackbacks(0)

子供と一緒に『Mr.インクレディブル』

2005.12.22 Thursday 14:39
子供が見ていたので一緒に観てしまいました。
子供向けと侮っていましたが、見てみると結構面白い。ハマリましたね。

Mr.インクレディブル
Mr.インクレディブル

ピクサーの3Dムービーですから、スーパーヒーロー達は何でもあり。

お母さんの身体は伸びるわ、子供は透明になれるし、水の上も走れる。
お父さんは、メッチャつおい。

この手の映画は、3Dアニメの方がアクションに無理が無くみえ良いかもしれませんね。

スーパーヒーロー達が一般人を装い生活する姿は、何となくモノ悲しく見えました。やっぱり堂々と戦っている姿が良いですよね。
敵と家族で戦っているシーンで、子供を叱るシーンがあるのですが、普通のお母さんが言うせりふ(ちゃんと戦えないと1ヶ月外出禁止)はほほえましいですよ。

母は、つよし!ですよ。

オススメ度:★★★(子供と一緒に観ても罪がありませんよ)

うーん、これを見た後でX−MENを思い出してしまった。
今晩見ようっと!(^_^)/~
洋 画 | comments(1) | trackbacks(0)

吸血鬼もの『ヴァン・ヘルシング』

2005.12.20 Tuesday 22:47
ヴァン・ヘルシングと言えば、’58年作『吸血鬼ドラキュラ』のピーター・カッシングの印象が強かったため、CM等で主役のヒュー・ジャックマンが出ていても何役の人だろうと思っていました。(-_-;)

ヴァン・ヘルシング
ヴァン・ヘルシング

しかし、今回のヘルシングは武闘派でしたね。そりゃ武闘派にもなりますよね、記憶喪失前の過去が過去だから。。。(エンディング間近でさらりとふれられています)
ストーリーや内容は置いといても、出演モンスターがある程度限られていたのでヴァンパイアものとして見れました。

吸血鬼の3人の花嫁の中でも、アラビアン衣装の花嫁がセクシーで一目でファンになってしまった。(すぐに死んじゃったので寂しい限りです。)

また、この映画で特に面白い発想だと思ったのが、吸血鬼の子供が繭からかえると言う発想です。(しかし、よくよく考えてみればあの光景はエ○リアンで見たような気が・・・)
考えてみると、我が子が欲しい吸血鬼なんて初めてじゃないですかねぇ。

大雑把なストーリー
19世紀のトランシルバニア。ドラキュラ伯爵・その花嫁に襲われていた町にヴァン・ヘルシングがバチカンより派遣される。代々吸血鬼と戦ってきたヴァレリアス一族の王女のアナと共にドラキュラ退治を行うが・・・

CAST>ヒュー・ジャックマン/ケイト・ベッキンセール/ウィル・ケンプ/リチャード・ロクスバーグ/デヴィッド・ウェンハム

オカルト映画友の私としては非常に面白かったですよ。

オススメ度:★★★★(中世ヨーロッパの映像美とモンスターをご堪能ください)
洋 画 | comments(0) | trackbacks(0)

吸血鬼もの『アンダーワールド』

2005.12.17 Saturday 15:13
大好物の吸血鬼もの『アンダーワールド』です。吸血鬼ものと言うには少し異端かも。この映画は、吸血鬼ものと言うよりバンパイアものと言った方がよいでしょうね。
アンダーワールド スペシャル・エディション
アンダーワールド(2003)

CAST>ケイト・ベッキンセール/スコット・スピードマン/ビル・ナイ
マイケル・シーン/ケビン・グレヴィオー

バンパイアが、主君筋のドラキュラと家臣筋のオオカミ男とに分かれているのは、『バン・ヘルシング』を見た方ならご存じだと思います。
(あのドラキュラの花嫁3人は、色っぽくてヨカッタ。(>_<) )

アンダーワールド』は、その主従関係が破れ数百年に渡る死闘を繰り広げてきたヴァンパイア=吸血鬼とライカン=狼男が現在で近代兵器を駆使しながら戦う。このシーンは見応え十分です。(弾丸・刀等が銀製品やバンパイアが苦手である製品を使っているところが古典を重視していて◎)

特定の人間(DNA)だけを求め続けるライカン一族が求める答えとは・・・。結末でわかるライカンの王が誕生したきっかけは・・・。

異端的なストーリーですが、ドラキュラの神祖や洋装などはクラシック映画を踏襲しているようにも思えます。また衣装も中世ヨーロッパもきちんと取り込んでいて映像が非常に綺麗でした。

ヴァンパイアの女戦士・セリーン(ケイト・ベッキンセール)の戦闘シーンは、『マト○ックス』を彷彿させましたが格好ヨカッタですよ。(>_<)

オススメ度:★★★★(次は、バンヘルシングだな!)
洋 画 | comments(2) | trackbacks(0)

おちゃらけ映画タイトルのくせに・・・

2005.12.15 Thursday 09:39
タイトルだけ見ているとカワイらしく、映画の内容を全く想像させなかったのが『ミニミニ大作戦』。1969年に作られたマイケル・ケイン主演の「ミニミニ大作戦」のリメイクだそうだが、古くささは感じられずスピーディーな展開に引きつけられることは間違いなし!

ミニミニ大作戦
ミニミニ大作戦

大雑把なストーリー
天才的な強盗・チャーリー(マーク・ウォールバーグ)は、6人のプロを集め、ヴェニスの金庫に眠る50億の金塊を盗み出した。ところが、仲間のひとり、スティーブ(エドワード・ノートン)の裏切りにより金塊は奪われ、父のように慕っていたジョンが殺されてしまう。1年後、ジョンの娘・ステラ(シャーリーズ・セロン)を仲間に引き入れ、金塊奪還に乗り出す。チャーリーが逃亡のために選んだ車とは、小型車、ミニ・クーパーだった!

CAST>マーク・ウォールバーグ/シャーリーズ・セロン/エドワード・ノートン/ジェイソン・ステイサム/セス・グリーン/ドナルド・サザーランド/モス・デフ

基本的にミニクーパーが出てくるのは、中盤以降ですのでミニファンは諦めず最後までがんばりましょう。(最後のアクションはかっこいいぞ。)

私的には、オープニングでのベニスでの強奪シーン。運河を船で逃亡するシーンは映像としてもストーリーとしても必見です。

カーチェイスものはTAXIシリーズ等多々ありますが、シリアスでストーリー展開の素晴らしさでは一押しです。

オススメ度:★★★★★
洋 画 | comments(1) | trackbacks(0)