これ見たい・読みたい・使いたい

映画や小説・使っていい物を勝手に紹介します。

スポンサーサイト

2006.06.18 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

これは見てるよね『ブラック・レイン』

2005.12.19 Monday 22:14
永遠の我らがヒーロー松田優作さんの遺作、『ブラック・レイン』。
映画ブログを彷徨っている皆様は、すでに見ているでしょうね。(^_^)v

ブラック・レイン
ブラック・レイン

今から16年前に作成された映画ですが、何度見ても映像から伝わる無国籍感は全く違和感を感じません。(まあ愛着のある大阪でのロケのせいかもしれませんが)当時は、松田優作が出演していれば何でも見る!と言う感覚でしたが、この映画は優作さんだけでなく全てが見所と感じられたものです。

みんなが知っている「探偵物語」「蘇る金狼」etc・・ではなく、徹底した利己主義の悪のヒーロー。
日本のやくざ世界からはみ出し、アメリカナイズ(利己主義)された佐藤を演じる松田優作は世界(ハリウッドスター)の俳優として見えました。
主役は、マイケルダグラスと高倉健さんですが私が追うのは優作さんでした。(>_<)

題名のブラック・レインですが、1回見ただけでは分かりませんでしたが、
2回目でラスト近くに若山富三郎演じる大阪のやくざスガイが発する言葉がこの映画の全てを語ってることに気が付きました。
大きな戦争を経て日本が進んだ世界「個人主義(利己主義)」への警鐘だろうなと思っています。

その他沢山の有名俳優や吉本芸人が出演しているのも見所ですよ。

大雑把なストーリー
日本に護送されてきた殺人犯人が空港で逃亡。犯人は自ら刺客となり、日本に護送してきた米国人刑事の前へ執拗に姿を現す。犯人佐藤が逃亡できるににもかかわらず執拗に日本にとどまる訳は・・・

CAST>マイケル・ダグラス/高倉健/松田優作/アンディ・ガルシア

オススメ度:★★★★★(多少日本を勘違いしているところはご愛敬)
邦 画 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2006.06.18 Sunday 22:14
- | - | -

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://kore-iikamo.jugem.jp/trackback/34

トラックバック